買いたかったのはiPhone14 実際は..iPhone8Plusをお持ち帰りに

iPhone14を買いに行ってiPhone8をお持ち帰り

iPhone14の最新型のiPhoneがほしい。機器は分割払い希望だ。10万円を超えると分割の審査が厳しくなってしまうとのこと。10万円未満に抑える方法を数日模索したのだった。

そうすると新型iPhoneでは厳しい。iPhone12かiPhone13に狙いを変更したのだ。

iPhone6sではもうやっていけない

現在利用しているiPhoneはなんとiPhone6s Plus。以前の記事でも書いたが快適で使用上問題ないことを書いていた。

スマホバッテリー交換

ところがiOS15にアップデートしてから悲劇が始まった。iPhone6sはiOS15にアップデート可能な最古の機種となった。アップデートしてからググるだけで熱を持ったり、アプリの起動がやたらと遅くなってしまった。買い物でQRコード決済するときになかなかアプリが立ち上がらなくなって冷や汗をかいたことも何度もあった。そろそろ降参しよう。

iOS14までは快適だったんですよ。念のため。

携帯価格の調査はじめる

現在契約しているのがUQモバイル。お昼休みに通信速度も下がることもなく極めて快適。キャリアには不満がない。だがUQでも円安のせいかiPhone12やiPhone13などが軒並み値上げ。9月にiPhone14発売すればかなり値段が下がると踏んだが、残念ながら高いまま。

まずはUQモバイルの価格調査からはじめよう。

UQモバイル 機種変更 MNP

機種変更になるのでiPhone12 64Gでも111,855円!2世代前なのに!(2022年9月18日現在)

オンラインショップ割を使っても106,355円!(iPhone13の扱いは今のところなし)

MNPだとiPhone12 64Gでも111,855円のところ割引になって一括94,255円(オプション加入で89,855円) おぅ10万アンダー。U10マン。やっぱりキャリアにとっては新規獲得が大事なんだな。でも2世代前がこの値段とは高い!

MNPが一番やすくなる

私も他社に乗り換えて(MNP)安く購入しよう作戦が始まるのだった。

よしUQのライバルY!mobileの調査を始めよう。

サイトで確認すると

iPhone12 64Gでも111,600円。例のごとくオンラインストア割で90,000円ジャスト!(2022年9月18日現在)おぅ10万円アンダー。決まった。早速UQに連絡MNP番号を取得することにした。

MNP番号取得はネットでできないことが多い。電話しなければならないのは不便だ。昭和時代のようで原始的すぎる。顧客漏れ対策だろう。前回ソフトバンクからUQに変えた時も「何処のキャリアに移るのか、子会社のY!mobileがお得だ」とか営業がうるさかった。UQに「MNPしたい」

と電話した時はどこに移るのかはもちろん聞いてきた。やはりここでもauを勧められた。「うん。auにします」と応えながらY!mobile移転計画を進めるのであった。

Y!mobileオンラインストアで着々と手続きを進めていく

順調に手続きを進め

無事申し込み完了!ばんざーい!確認メールもきた。

天国から地獄におちる

1時間ほどすると1通のメールがきた。

なんだろう。出荷通知か。

ふぉごう核つうち えっ 不合格って。

残念。無念。色々理由が書いてあるが自分はどれに該当するのかは教えてくれないようだ。何が該当しているか調べるしかない。

忘れている未払いなどがあるか調査することにした

日本には秘密組織があって信用情報を調べてくれる組織があるようだ

CIC

株式会社シー・アイ・シー(以下、CIC)は、クレジット会社の共同出資により、昭和59年に設立された、主に割賦販売や消費者ローン等のクレジット事業を営む企業を会員とする信用情報機関です。 また、CICは、割賦販売法および貸金業法に基づく指定信用情報機関として指定を受けた唯一の指定信用情報機関です。

CIAと提携はしていないようなので秘密組織ではないようだ。(笑)

1000円で調査を依頼できネットか郵送で申し込みが可能。ネットで手続きしたかったが、支払い方法は1つしかなくJCBのクレジット決済のみであった。JCBカードは持っていないので郵送手続きをすることにした。申し込み用紙のPDFはダウンロードしたのであとは書類(申込書、本人確認書類2通、代金1000円分の郵便小為替)をそろえて送るだけだ。結果についてはまた記事で報告しますね。

Andoridの皆さんこんにちは!

めげている場合ではない。灼熱地獄にいるiPhone6sをすくうのだ。新たな道に進もう。まとまった現金もない。そこで現金2~3万なら何とかなりそうなのでその価格帯でないかと探すと、最近活躍が華々しい中華スマホ軍団が目に留まった。

XiaomiOPPOである

ディスプレイ:6.4インチ FHD+AMOLED,2340×1080ピクセル バッテリー容量:3600mAh RAM 6GB / ROM 64GB CPU:Qualcomm Snapdragon 710 オクタコアCPU(2×2.2GHz + 6×1.7GHz) メインカメラ(ダブルレンズ):1600万画素+200万画素 インカメラ:2500万画素 SIMスロット:nanoSIM×2(DSDV対応)

↑OPPOのブルーがきれい。

でもねネットの口コミやYouTubeで2~3万円台のAndoridの評価を調べてみるとサクサク快適に動かせるのは少し厳しいようです。ネットブラウジングするくらいならいいんですけどね。快適さを求めるのならAndroidのハイスペックか古くてもiPhoneの方がよいようです。

今回のiOS16ではiPhone6sとiPhone7が切り捨てられ(非対応・サポート終了)iPhone8が生き残りました。ネットのレビューを調べてもiPhone8が劣化して使えないという情報はあまりきかないのでiPhone8に目標を変更することにしました。

再びiPhoneへもどる

2~3万円の予算しかなくiPhoneで最新OSに対応しているというともう選択枝は一つiPhone8しかない。でも6s画面は大きくて使いやすい。これより小さい画面は見にくい。大きいサイズが好きなのだ。SEさん、iPhone13miniさんすいません。画面が大きいエイト!

iPhone8 Plusで決定!

よし中古ショップをネットで探そう。昔は秋葉原にしかなかったイオシスに古いiPhoneがたくさん売っていた。全部3万円未満だ。お財布がたすかる~。

結局ゲットしたのは元auのSIMロック解除済 iPhone8 Plus 64Gで23000円台で購入!

64Gしか容量ないけどiCloudで200G契約しているから問題なしっと。

ランクCだけど結構きれいだし、操作性も問題なし。

もはやどちらが6sか8かわからない 左がやや暗いのはダイソーの保護フィルムをはっているからよ

データ移行は時間がかかるが便利。でもそのせいで前回とアイコンの位置が全く同じなので今どっちなのかわからなくなる時がある(笑)

しばらく2~3年は使えそうかな。サクサク動くし、お安く購入できたので文句なしです。

一件落着(こんな漢字だったけ?)

スマホバッテリー交換
SoftbankAir
内容がよかったらみんなにSNSでシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
梶原 ひかるこのブログを書いている人
神奈川出身のトランスジェンダーアーティスト。幼少より周りとは違う性自認に悩む。音楽をつくることが励みとなり、生きる希望となった。 音楽は心のエナジードリンク。 音楽は渇いた心を潤し、未来への活力を生む。 音楽は心のエクセサイズ。 落ち込んだ気分を癒やし、リラックスさせてくれる。そういう愛のある音楽を心を込めてお届けしています。キャットファイト・役者では【びりりあん みりんだ】名義で活躍しています。お仕事の依頼もお待ちしております。