「生活するのにお金はほとんどかからない」と言った男 その驚愕の方法とは?!

生活するにはお金はいらない?!
生活するにはお金はいらない?!
ガガルネ

生きていると食費、光熱費、交通費、家賃などをいろんなお金がかかりますよねほとんどお金かからないというのはどういうことなんでしょうかね?

出会い

お台場

2000年頃、新宿のホステスを辞めた私はお台場の倉庫の仕事を始めた。

その時出会った人の中でも特にインパクトのあった人がいた。 

身長は180cmでごつい体、長髪で一見ホームレスのように見える。

 その男は言った「生活するのにお金はほとんどかからない」

そんな方法は思いつかなかった

おかずがタダ!

 えっ! どういうこと?

その男によると「食費は米代しかかからない」

 理由を訊いてみると、「おかずは川崎市湾岸の東扇島で一年で一回開催される食肉フェアで肉の大きな塊をもらってくる。無料でもらえるんだ。それを解凍しておいて一年かけて少しずつ食べる」と言う。(東扇島まではJR川崎駅からバスで30分ほど。不便な場所だ。)

そんなイベントがあるとは知らなかった。

ペットボトル飲料なども買わないで水道水しか飲まないそうだ。

交通費も!?

 その男はまた言った「交通費もかからない」

 交通費もかからないんだって。どういうこと?

「自動改札機の下の方にゲートが開くボタンがあってそれを押して出入りするんだ」

そう言って男は自動改札を通過しながら人混みに消えていった。

後で聞いたところによるとその男は新幹線もタダで乗れるそうだ。

 以前東京から大阪までタダで行ったそうだ。 新幹線乗った後はもちろん座席など座れないのでドアの前にずっと突っ立ってるそうだ。ホームレスのような身なりのせいかどうかは分からないが車掌などは一切声をかけないで無視するそうだ。不審者すぎて逆に声をかけられないということだろうか?声かけるにも怖すぎる雰囲気だからか?

真相は不明だ。

だが真似するには完全にアウトだ。

世の中広し恐るべし

私は半年でその仕事をやめてしまったので、どうしてこのようなことをして節約するかは未だに謎である。 

世の中にはいろんな価値基準で生きる人がいる。良い悪いは置いといて私の人間を見る視野は確実に広がったことは確かだった。

ヤバい警備員
スリを発見!尾行してみた
巨大生命保険会社副社長のサイドビジネスに加担していた私

内容がよかったらみんなにSNSでシェアしてね!

ABOUT US

梶原 ひかるこのブログを書いている人
神奈川県相模原市出身のトランスジェンダーアーティスト。幼少より周りとは違う性自認に悩む。音楽をつくることが励みとなり、生きる希望となった。 音楽は心のエナジードリンク。 音楽は渇いた心を潤し、未来への活力を生む。 音楽は心のエクセサイズ。 落ち込んだ気分を癒やし、リラックスさせてくれる。そういう愛のある音楽を心を込めてお届けしています。【Tetoria】キャットファイト・役者では【びりりあん みりんだ】名義で活躍しています。お仕事の依頼もお待ちしております。