DTM配信・録画入門!#3 Cakewalk設定編/OBSstudio/VoiceMeeterBanana

DTM配信録画・Cakewalk編
DTM配信録画・Cakewalk編

第三回なのにゃ~!今回は多機能無料のDAWアプリCakewalkの設定編だよ。VoiceMeeterBananaの設定と連動させるよ。Cakewalkの画面を配信・録画する方法をわかりやすく解説するよ~。

Sponsored Link

Cakewalk by BandLabとは

以前CakewalkはSONARという名称でRolandから発売されていた。当時わたしは5万円ほどで購入していました。そのあと別の会社に販売権が移ったあと、その会社の経営が傾き一度製品がなくなってしまったんです。いまはシンガポールの会社で復活!Cakewalk by BandLabという名前でDLできるようになりました。無料なのに5万円のときよりも機能が良くなっているんですよ。特にお金をかけないで使ってみたい方にオススメ。有料DAWにも一切負けていませんよ。

Cakewalkをインストール

アプリを手に入れるための流れは以下の通り(詳しい方法についてはググってみてください)すでに持っている方はここは読み飛ばしてください。

  • BandLabのサイトから会員登録
  • BandLab Assistantのインストール
  • Cakewalkのインストール

下の画面をクリックするとBandLabのページになります(日本語対応しています)

Sponsored Link

Cakewalkのまえに必要なこと

①Windowsのサウンド設定②VoiceMeeter Bananaの設定必要です。すでにその設定ついての記事がありますので参考にして設定してみてください。

DTM配信録画~Windows設定編

DTM配信・録画入門 #1 Windows設定編 VoiceMeeterBanana/OBSstudio/Cakewalk

DTM配信・録画 VoiceMeeter Banana編

DTM配信・録画入門!#2 VoiceMeeterBanana設定編/OBSstudio/Cakewalk

設定

起動したら、編集>環境設定を開きます。※これはDTM配信や録画の設定です。通常の設定はこの限りではありません。

入力/出力のデバイス選択

最初に開く入力/出力のデバイス選択では以下の項目をチェックで設定

入力 Voicemeeter Insert Virtual ASIO IN #1 Left

出力 Voicemeeter Insert Virtual ASIO IN #5 Left

出力は前回設定したVoiceMeeter BananaSystemSettingsの項目に対応している。ここと一致させる。前回in4 Leftin4 Rightでも設定してDAWは正常だったが、同時に起動しているiTunes、YouTubeでの再生音が鳴らなくなってしまったのでin5にした。

VoiceMeeter Banana System Settings

実際の入力画面 オーディオトラックを作成

図の中の黒いところを右クリック「オーディオトラックの挿入」を選択。

新しいトラックができたら左上の三角形が2つ重なったマークをクリック

そうすると画面左側に今作ったトラックのコンソールが出てくる。そのコンソールのINつまり入力の下向き三角形をクリック(図では水色の円のところ)

↓Voicemeeter Insert Virtual ASIOと書いてある方をクリック

Left Voicemeeter Insert Virtual ASIO IN#1 Leftを選択。以前Stereo~を選択して音声がわれてしまった。

そのしたのMasterと書いてあるところはMasterなっていれば良い。

↓右側のマスタートラックは図のように「Stereo~#5 Left」が選択されていれば問題なし。

おつかれさまでした。録音再生テストして問題なければOK。

次回は#4 OBSstudio設定だ!

DTM配信録画~OBSstudio編

DTM配信・録画入門!#4 OBSstudio設定編/VoiceMeeterBanana/Cakewalk

DTM配信録画~Windows設定編

DTM配信・録画入門 #1 Windows設定編 VoiceMeeterBanana/OBSstudio/Cakewalk

DTM配信・録画 VoiceMeeter Banana編

DTM配信・録画入門!#2 VoiceMeeterBanana設定編/OBSstudio/Cakewalk

Sponsored Link

内容がよかったらみんなにSNSでシェアしてね!