手持ち小型アンプと音楽スタジオのキャビネットの接続方法

ギターアンプ キャビネット接続方法
ギターアンプをキャビネット接続してみよう!

ギターのアンプヘッドをはじめ持ち運びやすい小型アンプヘッドペダル型アンプフロア型アンプなどラインナップが揃ってきました。私も音楽スタジオではMarshallのアンプを使ってきましたが、個体差が激しく一定の音質が保てないのが悩みでした。

完全を求めるならアンプだけではなくキャビネットの両方を持ち込めばいいのですが運搬が大変になってしまいます。

持ち運べるアンプがあればスタジオでもライブ会場でもキャビネットがあれば完全ではないにしろ、ある程度予想できる音質は確保できそうです。

キャビネット編

多くの音楽スタジオにJC120かMarshallは置いてあると思います。JC-120にはスピーカーキャビネットとして使える機能はありません。ですのでMarshallのキャビネットを使うことが多くなるはずです。

以前の記事で壊れたJC-120をキャビネットに改造した記事をのせましたので興味のある方は覗いてみて下さい。

JC120 キャビネットに改造①

今日のターゲット↓Marshall JCM900。今回このアンプヘッドは関係ないけどね。

↓JCM900をゆっくり回転させます。高価なので慎重にね。アンプヘッド落としたらえらいこっちゃ。おいおい片手はだめですよ。悪い見本です。

接続部

キャビネット背部です。重要な画像です。

①インピーダンス

  • 左が4Ω
  • 右が16Ω

これはアンプの対応インピーダンス(Ω)と同じものをつなぎます。このキャビネットでは4Ωか16Ωの2種類の対応になっています。私が持ってきたペダル型アンプは4、8、16Ωと自動対応でしたのでどちらでも接続していいことになります。Ω値が低いほど大きい音が出るはずでしたがどちらもあまり音量は変わらなかったです。

②真ん中のセレクトスイッチ

  • 左がモノラル
  • 右がステレオ

ステレオ入力したい場合(アンプ側の機能)を除き通常はMONOにします。ちなみにステレオにすると左右それぞれ4Ωの入力として機能します。

↑だらんと下がったケーブルはギターシールドではなくスピーカーケーブルです。アンプからは高出力になりますのでスピーカーケーブルでないと危険です。

スピーカーケーブルをアマゾンなどのサイトで検索すると結構高価。

ベルデン製のケーブル92cmが2000円ほど。(2022/6月)私はボーカルがメインなのでステージでは最前列にでます。だからアンプから離れても大丈夫な5m位は欲しい。そうなると約1万円程度!となります。

金額的に問題なければ購入してもいいかもです。作る手間も省けますしね。私は節約のため自作しました。

スピーカーケーブル自作

プラグのハンダ付けができれば5m程度のスピーカーケーブルでも1000円以内と破格?で作製できます。

モノラルジャックは金属製にしてみました。丈夫そうだし。少なくとも片方のプラグはストレートにしたほうがよいです。接続部の形状に対応するためです。一度両側をL字で作ったあと作り直しています。そのため5mに届かず(涙)

ベルデンなど高級な電線がありますが、同じ銅製なんだから家庭用の電源コードと同じもので問題ないのではないかと思って選びました。「JC-120をキャビネットに改造②」↓の記事で作成したケーブル使用の楽曲が視聴できます。特に使用してみても問題ない感じです。(ベルデンのスピーカーケーブルは持っていないので音質の比較はできませんが)ノイズもほぼないです。

JC-120キャビネット改造

ケーブルは2芯0.75mの太さがおすすめです。2芯のVVFケーブルというのがあります。その太さに1.6mmや2.0mmがあるのですがコードが固く扱いづらいです。適度な太さがわからなくて買ってしまった硬い電線が部屋に放置されています。(残念)

PA(ミキサー)接続編はまた後日追記しますね。乞うご期待! ←記事完成しました!

次回はいよいよPA(ミキサー)直でギターをつないでみた!の記事です。是非参考にしてくださいね。

PA直でギター接続!
JC120 キャビネットに改造①
JC-120キャビネット改造
Fender Japan Dr.Siegel
内容がよかったらみんなにSNSでシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
梶原 ひかるこのブログを書いている人
神奈川県相模原市出身のトランスジェンダーアーティスト。幼少より周りとは違う性自認に悩む。音楽をつくることが励みとなり、生きる希望となった。 音楽は心のエナジードリンク。 音楽は渇いた心を潤し、未来への活力を生む。 音楽は心のエクセサイズ。 落ち込んだ気分を癒やし、リラックスさせてくれる。そういう愛のある音楽を心を込めてお届けしています。キャットファイト・役者では【びりりあん みりんだ】名義で活躍しています。お仕事の依頼もお待ちしております。