雑音使えねーのレビュー多し!ALESIS MicLink Wirelessは使えないのか!? 〜Twitterで反響いただきました!〜

ALESIS MicLink Wireless
ALESIS MicLink Wireless

ワイアレスマイクがあったらステージ上で動き回れる~

ヴォーカリスト必見かも。

アレシス マイクリンク ワイアレスの登場だ。

なく子も黙る9000円代で買える!!ひゅ~。

がしかし雑音多しとのレビューが多い。でも9000円で使えればスーパー高コスパで鼻息が荒くなる。

SHUREのシステムなんて最低でも3万円台だもんな~。

まずはメーカーのHPに記載されている内容を転記してみた。

MicLink Wireless

MicLink Wirelessは、ダイナミック・マイクを簡単にワイヤレス・マイクに変身させる、送信機と受信機がセットになったユニークなデジタル・ワイヤレス・システムです。お手持ちのダイナミック・マイクを直接送信機に接続し、受信機とペアリングさせるだけで、すぐにワイヤレス・マイクとしてお使いいただけます。音質を犠牲にせずに、ダイナミック・マイクを手軽に無線化することができます。

お手持ちのダイナミック・マイクを簡単にワイヤレス・マイクに

MicLink Wirelessは、お手持ちのお気に入りのダイナミック・マイクを、音質を犠牲にすることなく、簡単にワイヤレス・マイクとしてお使いいただくことが可能な、デジタル・ワイヤレス・システムです。信頼性の高い2.4GHz帯を使用し、到達距離:約60フィート(約18m)、連続稼働時間:約6時間以上、最大5台までの同時使用を実現。中規模のライブ、カラオケ、講義、パーティ、プレゼンテーションなど、多彩なシチュエーションで活躍します。

MicLink Wirelessの主な特長
  • あらゆるダイナミック・マイクをワイヤレス化可能なデジタル・ワイヤレス・システム
  • ボタンひとつで簡単に操作可能な送信機および受信機のセット
  • 到達距離:約60フィート(約18m)、連続稼働時間:約6時間以上
  • 送信機は、USBケーブルで充電可能なリチウム・イオン電池搭載(フル充電:約2時間)
  • 最大5台までの同時使用可能
  • 信頼性の高い2.4GHz帯ワイヤレス/14チャンネル
  • 受信機には1/4″出力端子と受信アンテナを装備、単四乾電池または付属のACアダプタで動作
  • サイズ(W × D × H):受信機:約66 × 117 × 32mm / 送信機:約102 × 32 × 32mm
  • 重量:受信機:約110g / 送信機:約40g

うんちくはともあれ実際買って試してみたヨン。

意外と小さい。アンテナがついた方が受信機。正面のアウトプットからPA、アンプなどへ繋ぐ。

フォンジャックだったのでXLR変換コネクタも買ったよ。

ALESIS MicLink Wireless

子機とお気に入りのSHURE ヘッドセットマイク繋ぐんだ。

実際に使ってみよう。YouTubeで製品紹介している人がいたけどトークのテストや距離のテストばかりだった。歌のテストをしないと意味ないよね。

実際にスタジオで使ってみた

前置きも説明もしないでいきなり検証し出す動画(汗)でっス。ブログ読者様限定公開です。50秒ほどで終わります。イヤフォンは鼻に入れないで耳に入れてよーく聴いてみよー。

アカペラ(オケ無し)でもオケ付きで歌ってみても特に問題はなし。

ただし、トークのところでは「サーッ」というホワイトノイズ的な音が出ている。ヘッドフォンやイヤフォンで聴くとよく分かる。

がしかし、ギタリストならわかると思うが、ディストーションや真空管アンプでノイズが乗っていながら演奏するのと同じではないのかと考えた。歌っているときのノイズはわからないのだ。神経質な人はやめたほうがいいかもしれないが、私は次回のライブで使ってみようと思う。

ノイズがあるので、歌よりもトークで使った方が良いというレビューも多かったが、それはイッケン正しいように見えて違うと思う。

動画を見てくれればわかるが、無音やトークの方がノイズが目立つのだ。音楽がかかっていれば全く気にならない。実際試して実証したのだから。

私が考えたノイズ対策

ノイズはボリュームの大きさに関係なく一定であった。なのでボーリュームつまみをなるべく大きくし、ミキサー側のボリュームを少し落とすといいと思う。実際やってみたがいい感じだ。

内容がよかったらみんなにSNSでシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

梶原 ひかるこのブログを書いている人
神奈川県相模原市出身のトランスジェンダーアーティスト。幼少より周りとは違う性自認に悩む。音楽をつくることが励みとなり、生きる希望となった。 音楽は心のエナジードリンク。 音楽は渇いた心を潤し、未来への活力を生む。 音楽は心のエクセサイズ。 落ち込んだ気分を癒やし、リラックスさせてくれる。そういう愛のある音楽を心を込めてお届けしています。【Tetoria】キャットファイト・役者では【びりりあん みりんだ】名義で活躍しています。お仕事の依頼もお待ちしております。